, コンテンツにスキップする
Photographer: Noam Galai/Getty Images
cojp

NY州、ワクチン接種完了した住民はマスク着用不要に

  • CDCの指針変更後に多くの州や企業がマスク着用義務を免除
  • 学校や公共交通機関、医療機関などでは引き続き着用を義務付け

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米ニューヨーク州は新型コロナウイルスワクチン接種を完了した人についてはマスク着用義務を免除する方針だ。同州住民のワクチン接種率は50%に近づいており、新規感染者や入院者は減少している。

  クオモ知事は17日の記者会見で、「全てが正しい方向に向いているので生活を元に戻そうではないか」と呼び掛け、「われわれは活力と興奮を取り戻す必要がある」と語った。

  同知事は学校や公共交通機関、矯正施設、医療機関では引き続きマスク着用が義務付けられると説明した。

  米疾病対策センター(CDC)が先週、ワクチン接種を完了した人はマスクを着用する必要はないと発表して以来、メリーランドやバージニアなど多くの州や企業がマスク着用指針を変更していた。

ワクチン接種完了した人はマスクの着用不要-米CDCが指針変更

原題:
N.Y. to Ease Mask Mandate as Cuomo Says ‘Let’s Get Back to Life’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE