, コンテンツにスキップする

ブラックロック、米従業員の出社は9月から-週2日のリモートワーク

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは米国の従業員に9月から出社を再開するよう求める。

  ニューヨークに本社を置く同社は一定の在宅勤務を毎週認める試行期間を9月に始める。米国の従業員は平均で週2日までのリモートワークが認められると広報担当者が14日に明らかにした。

  広報担当者によると、ブラックロックはオフィス勤務に「再び慣れる」よう7月と8月に定期的に出社するよう従業員に求める。従業員がこの要請を受け入れることができる場合に限るという。両月はグループに分けられた従業員が2週間交代で出社する。

  従業員は6月30日まで完全な在宅勤務を続けることが可能。ブラックロックは9月からの試行期間の状況を見て、来年の要員計画を作成するやり方を決める。

原題:BlackRock Plans Staff Return in September, With Some Remote Work(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE