コンテンツにスキップする

【新型コロナ】台湾、新規域内感染が過去最多に-警戒水準引き上げ

更新日時
  • 台湾が15日発表した新規感染は180人-14日の29人から急増
  • 香港では病院従事者の約3割2万4000人にワクチン接種

台湾は15日、新型コロナウイルスの新規域内感染が過去最多の180人になったと発表した。14日の29人から急増した。台北の警戒水準を引き上げ、集会を規制し、エンターテインメント企業に休業を命じた。

  香港では病院従事者へのワクチン接種が全体の約3割に当たる2万4000人にとどまっている。医院管理局の范鴻齡主席が15日午前、香港電台(RTHK)のラジオ番組で述べた。

  タイが15日に発表した新規感染は3095人。13日は過去最多の4887人だった。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は1億6155万人を上回り、死者数は335万人を超えた。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計14億1000万回余り。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

  米国のバイデン政権は旅行などの業界に対するガイダンス更新に着手する。前日には新型コロナワクチンの接種が完了した人に対してマスク着用の義務をほぼ撤廃し、米国全土でいっそうの制限緩和に向かう公算が大きい。ウィン・リゾーツはワクチン接種を完了した顧客に対し、ラスベガスの同社カジノとホテルでマスクを外すことが可能だと伝える予定だ。米デルタ航空は新規採用者にワクチン接種を義務付ける。

  イタリアは欧州連合(EU)と英国、イスラエル、シェンゲン協定加盟国からの入国者に対する隔離措置を16日から解除する見通しで、観光回復の後押しを図る。12日にワクチン接種者数が過去最高を記録したドイツは、7日間の感染者数が約2カ月ぶりに10万人当たり100人を下回り、近日中に制限をさらに緩和する可能性が出てきた。

  ドイツは一方で、再び英国を感染リスク地域に指定した。イングランド保健当局によると、同地域のインド変異株の感染者数が先週で1313人と、前週の520人から2倍以上に増加している。

  ジョンソン英首相はインド変異株への対策として、50歳以上を対象に2回目の接種までの間隔を12週間から8週間に短縮すると発表した。17日からのロックダウン緩和は予定通り進めるものの、6月の緩和最終段階は一段と難しくなる可能性があると述べた。イングランドのクリス・ウィッティー主席医務官(CMO)は、インド変異株がいずれ英感染の主流になるとの見方を示した。

  インドのモディ首相は農村部で急速に感染が広がっていると認めた。同国では22日連続で1日当たり30万人を超える新たな感染者数が報告されている。

原題:Taiwan Cases Jump; Olympics Like ‘Suicide Mission’: Virus UpdateGerman Curbs Set to Ease as Covid Cases Drop Below Key Level (1)、U.K. Will Speed Up Vaccine 2nd Doses to Fight India Covid Strain、Delta Air Lines to Require That New Employees Get Vaccinated (1)、U.K. Expects India Strain to Become Dominant, Chief Medic Says(抜粋)

(台湾と香港、タイの状況を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE