コンテンツにスキップする
Cojp

韓国、半導体で30年までに49兆円超の投資計画-官民で主要産業死守へ

  • 文政権が青写真-サムスン電子とSKハイニックスが取り組みを主導
  • 今後10年で世界最大規模の半導体製造拠点を築くこと目指す

韓国政府は13日、今後10年で世界最大規模の半導体製造拠点を築くため約4500億ドル(約49兆3200億円)を投資する計画を発表した。米国と中国が半導体技術で優位に立つための競争を繰り広げているが、これに韓国も加わる。

  サムスン電子SKハイニックスは文在寅政権が立案した国家の青写真に基づき、2030年までの期間に実施する半導体の研究・生産への巨額投資を主導。両社を含む153社が今回の取り組みを後押しする。韓国の経済面で最も重要な産業を守ることを目指す。

  文大統領は13日にソウルの南にあるサムスン電子工場を訪問し、半導体幹部らから説明を受けた。同社は30年にかけての投資を30%増やして1510億ドルとする。SKハイニックスの共同最高経営責任者(CEO)朴正浩氏は同社が龍仁市の4つの新工場向けに1060億ドルのほか、既存施設の拡張に970億ドルを投資すると述べた。

原題:Korea Unveils $450 Billion Push for Global Chipmaking Crown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE