コンテンツにスキップする
Photographer: dowell/Moment Open
cojp

台湾株の下落続く、調整局面入り-信用取引手じまい

更新日時
  • 加権指数は1.5%安で取引終了-4月27日の高値から11%下落
  • コロナ警戒レベル引き上げ可能性低下との報道で下げを消す場面も

台湾の株式相場は13日も下落。4月27日の直近高値からの下落率は11%に達し、テクニカル上の調整局面に入った。急ピッチの信用取引手じまいの引き金となった株安が続いた。

  指標の加権指数は前日比1.5%安で取引を終了。台湾政府が新型コロナウイルス感染症の警戒レベルを引き上げる可能性は低下したとみていると、台湾紙・蘋果日報が報じたことを受けて、一時は下げを消す場面もあった。

高レバレッジのリスク、また浮き彫り-台湾株急落に追い証の恐怖

Market leverage is unwinding in Taiwan

原題:Taiwan’s Stock Crash Deepens as Traders Unwind Leveraged Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE