コンテンツにスキップする

ときに大失敗も、それでも億万長者生み続けるソフトバンクG孫社長

ソフトバンクグループの孫正義社長は、ばつの悪い失敗を過去に何度も繰り返してきた。

  ソフトバンクGは、アダム・ニューマン氏が共同で創業したシェアオフィス事業の米ウイーワークに数十億ドル出資したが、事業の行き詰まりで大打撃を被った。また、金融界に革命を起こそうとしたレックス・グリーンシル氏のことを孫氏は「マネーガイ(お金の専門家)」と呼び、彼のグリーンシル・キャピタルに大枚を投資したが、うまくいかなかった。このほか孫氏が支援したドイツのオンライン決済会社ワイヤーカードは破たんしてしまった。

  こうした失敗にもかかわらず、孫氏が築いた成功はとてつもなく大きい。

  今年の3月、韓国のクーパンがニューヨークで華々しく上場すると、同社の共同創業者であるボム・キム最高経営責任者(CEO)氏の資産は86億ドル(約9420億円)に達した。これはビジョンファンドにも245億ドルの利益をもたらした。出資するドイツのオンライン中古車販売アウトアインス・グループが2月、フランクフルト市場に上場すると株価は急伸。フードデリバリーを手掛ける米ドアダッシュがニューヨーク証券取引所に上場した去年の12月から、わずか数か月後のことだ。ソフトバンクGの投資額6億8000万ドルの評価は、2月時点で90億ドルに膨らんだ。

  これらの目覚ましい成果は、アジアで最も影響力のある新興企業投資家の1人という孫氏の評価を確固たるものにし、投資先企業の多くが世界のシェアリングエコノミーやソーシャルメディアに幅を利かせることとなった。

  2019年にクーパンのキム氏はソフトバンクGについて、「長期的な手段のみならず、長期的なガッツも持ち合わせた投資家がいることに感謝する」と語ったことがある。

  今後、もっと多くの投資先が上場するかもしれない。投資しているスタートアップ企業は約160社だが、孫氏は年20社のペースで上場させる計画を明らかにしているからだ。

  上場候補として期待される企業には、シンガポールのグラブ・ホールディングス、世界一のスタートアップと評価される動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の北京字節跳動科技(バイトダンス)、中国の配車サービス大手滴滴出行などがある。

  シンガポールのユナイテッド・ファースト・パートナーズのアジア調査責任者を務めるジャスティン・タン氏は、孫氏のことを「中途半端では意味がないと考えるタイプの人で、大胆な賭けは彼のDNAだ」と分析している。

  孫氏は浮き沈みにも慣れっこだ。ドットコムバブルと言われた時代、世界一の富豪となったわずか数カ月後に700億ドル失う大暴落を経験したことがある。ジャック・マー氏が創業したアリババグループに2000万ドルを投じたのも、同じ2000年のことだ。当時全く無名のウェブサイトへの投資だったが、今でも彼にとって最大の成功と位置付けられる。

  孫氏が貫いてきた投資の哲学は、カリスマ性のある起業家を見つけ出しては、彼らに必要なものを提供すること。

  孫氏の半生を綴った評伝「志高く 孫正義正伝」には、ヤフーへの出資決断のくだりがある。1995年、孫氏はジェリー・ヤン氏とデービッド・ファイロ氏に出会った。カリフォルニア州マウンテンビューにある彼らの小さなオフィスで、テイクアウトのピザを食べながらネットの将来について語り合うと「彼らにすべてを賭ける」ことを決心する。その後、ヤフーは米国で最もアクセスの多いサイトのひとつに成長した。

  だが、いつもうまくいくわけではない。複数の関係者は3月、ソフトバンクGが前の期にウイ―ワークを含む投資で約180億ドルの評価損計上を余儀なくされたのに続き、グリーンシルで15億ドルの減損処理をしたと語った。

  ユナイテッド・ファーストのタン氏は、「孫氏のことを偉大な投資家などと誰も言わない時もあった」と回顧した。

  ソフトバンクGの事業は、ソフトウェアの販売代理店としてスタートし、その後テクノロジーに対する投資や通信事業へと軸足を移し、17年に1000億ドルのビジョン・ファンドを立ち上げた。12日発表の21年3月期では、ファンド事業でセグメント利益370億ドルを上げている。ただし、新たな自社株買の計画がなかったことが投資家の失望感を招き、株価は大きく下落した。

  ブルームバーグ・ビリオネアズ・インデックスによれば孫氏の資産は320億ドルを超えるが、彼は2017年5月の決算説明会でこんな発言をしている。「物事は真面目に小さく考えても仕方がない。1回の人生、1回のまれにみるゴールドラッシュのチャンスの時こそ、ぜひ心を解き放って、スケールを大きく考えてみたい」

原題:SoftBank Keeps Minting Billionaires Despite WeWork-Sized Misses

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE