コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

来年の米利上げ開始に賭ける動き広がる-予想上回る4月CPI受け

  • ユーロドル先物が織り込む22年末までの利上げ確率は80%強に上昇
  • 今年下期には物価上昇率は下降トレンドとの見方も-BNPパリバ

4月の米消費者物価指数(CPI)上昇率が予想を大幅に上回り、インフレ加速がどこまで進むか関心が高まる中、金利トレーダーの間では、米利上げ開始時期が金融当局者の予想よりも大幅に前倒しされ、来年となる可能性に賭ける動きが広がっている。

  ユーロドル先物が織り込む2022年末までの0.25ポイント利上げ実施の確率は80%強となり、今週初めの3分の2から跳ね上がった。金融当局者は利上げ開始を24年以降と予想しているが、それよりも丸1年近く早い利上げを余儀なくされる可能性を意味する。

  前月比で09年以来の大幅な伸びとなったCPI統計を受け、米国債利回りや市場ベースの予想インフレ率も上昇したが、そうした動きは比較的抑制されており、当面は歯止めなき物価高騰をトレーダーが見込んでいないことを示唆する形となった。

  BNPパリバのG10金利戦略責任者、シャヒド・ラドハ氏は「インフレ懸念にはそれなりの根拠がある」とした上で、「インフレ率やブレークイーブン・レートの上昇は続くだろうが、今年下期には物価上昇率は下降トレンドとなる可能性がある」との見方を示した。

米消費者物価指数、前月比で2009年以来の大幅な伸び-予想上回る

Dec22 eurodollar contract price dips, leading to higher odds of rate hike

原題:Traders Ratchet Up Fed-Hike Bets for 2022 on Hot Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE