コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

アリババの最悪期過ぎたか、13日決算発表-アントやデータで課題も

  • 昨年10月下旬に上場来高値を更新後、28兆円超の時価総額失う
  • フィンテック企業アント、自社の今後に関して当局と折り合いつかず

昨年10月下旬に上場来高値を更新した後、2600億ドル(約28兆3000億円)を超える時価総額を失った中国のアリババグループを直撃した嵐は過ぎ去ったのか。中国当局の締め付けを受けたアリババは13日に1-3月決算を発表する。規制当局との問題解決を巡る具体的な証拠が示されるかが焦点だ。

  アリババは独占禁止法違反で約182億元(約3080億円)に上る過去最大の罰金支払いに同意。出店するマーチャントにアリババのプラットフォームだけで販売するよう迫る「二者択一」などの反競争的と見なされる慣行を是正すると表明した。同社幹部は規制当局に謝意まで示し、マーチャントを支援すると約束しており、規制問題に終止符を打とうと全力を挙げている。

中国が独禁法違反で巨額罰金、アリババ抵抗できず-6年前とは一変

Alibaba's shares have remained under pressure

  だが、幾つかの大きな問題がなお未解決だ。アリババ系のフィンテック企業アント・グループは自社の今後に関してまだ当局と折り合いがついていない。中国当局はアリババが持つ競争力の源泉であるデータ利用に関してどのような規制を設けるか議論している。また、政府はアリババブランドを支えてきたメディア資産を手放すよう同社に迫るかどうか検討している。

  13日発表される1-3月業績は堅調が見込まれている。売上高は58%増の1804億元と新型コロナウイルス禍からの持ち直しが示されそうだが、純利益は罰金が足かせとなる見込み。

原題:After $260 Billion Slide, Alibaba Aims to Show the Worst Is Over(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE