コンテンツにスキップする

全米ライフル協会の連邦破産法11条適用申請、連邦地裁判事が退ける

  • NRA解散を求めて提訴しているNY州司法長官に有利な判断
  • NRAは会社更生手続き適用で本拠をテキサス州に移す計画だった

米テキサス州の連邦地裁判事は11日、全米ライフル協会(NRA)による米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用申請を退けた。NRA解散を求めて提訴しているニューヨーク州のジェームズ司法長官に有利な判断を示した。

全米ライフル協会、連邦破産法11条の適用申請-本拠置くNY州で逆風

  ダラスにある連邦地裁のヘール判事は破産法11条の適用申請を退けたほか、NRAの本拠をテキサス州に移して再出発させる計画を差し止めた。ニューヨーク州当局者は同申請について、破産法を利用して訴訟を回避しようとする悪意に満ちた試みだと指摘していたが、ヘール判事も「NRAは破産法適用申請を財務上の問題ではなく、規制上の問題への対応のために利用している」と文書で同調した。

New York State Attorney General Letitia James Makes Announcement

NY州のジェームズ司法長官

  これでジェームズ司法長官(民主)は、勝訴すればNRAの資産差し押さえが容易になる。同長官はウェイン・ラピエール最高経営責任者(CEO)ら幹部によるNRAの運営を問題視し、解散すべきだと主張している。

  NRAは2016年の大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏に資金面で最大の貢献を果たした。

原題:
NRA’s Bankruptcy Filing Tossed, Putting Gun Group in Peril (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE