コンテンツにスキップする

SEC、ビットコイン先物投信のリスク警告-持ち高や清算能力検証へ

更新日時
  • 極めて投機的かつ不安定で規制の緩い市場で取引される資産とSEC
  • ビットコイン先物市場がETFに対応できるかどうかSECは検討へ

米証券取引委員会(SEC)は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物へのエクスポージャーを持つミューチュアルファンド(投資信託)に一般投資家が資金を投じる際は、リスクを十分考慮するよう警告した。

  SECの投資管理部門は11日公表した声明で、人気が高まるビットコインのデリバティブ(金融派生商品)について、「極めて投機的」かつ不安定で、規制の緩い市場で取引される資産をベースにしていると指摘し、投資家はビットコイン市場のボラティリティーと規制の不備、詐欺や価格操作の可能性をよく考えるべきだと注意を促した。

  SECはその上で、「投資家保護とこれらファンドの継続的コンプライアンス(法令順守)の評価が、スタッフの最重要課題になる」との認識を示した。

  SECはまた、ビットコイン先物市場に投資するミューチュアルファンドの経験を踏まえて、ビットコイン先物市場が上場投資信託(ETF)に対応できるかどうか検討すると明らかにした。

  声明によれば、SECのスタッフは、ビットコイン先物市場がミューチュアルファンドのデリバティブ投資にふさわしいかどうか精査するほか、ビットコイン先物のポジションをファンドが清算する能力などを検証し、持ち高の評価・監視も行う予定だ。

原題:SEC Warns of Bitcoin Futures Risks in Mutual Fund Investments、SEC Urges Caution on Funds With Exposure to Bitcoin Futures(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE