, コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg
cojp

新たな仮想通貨、時価総額すでに4.9兆円-取引2日目でトップ10入り

  • 「インターネットコンピューター」は仮想通貨で8位の規模に
  • 仮想通貨市場全体の時価総額は2兆4800億ドルに拡大

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

10日に取引が開始されたばかりの暗号資産(仮想通貨)「インターネットコンピューター」は時価総額が約450億ドル(約4兆9000億円)に達し、早くも世界最大級の仮想通貨の1つになった。

  コインマーケットキャップ・ドット・コムが集計する仮想通貨の規模ランキングでは、インターネットコンピューターは8位となっている。同仮想通貨と関連するデジタル台帳は、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックといった巨大ハイテク企業を介したり、サーバーや商用クラウドサービスを利用したりすることなく、誰もがインターネット上に好きなものを公開するのに役立つと考えられている。

  創設者のドミニク・ウィリアムズ氏によると、同仮想通貨には企業による囲い込みを避け、コストを削減するという狙いがある。ユーザーはインターネット大手に対抗するソーシャルメディアやその他のサービスを構築できる可能性もあるという。

  年初には1兆ドルを下回っていた仮想通貨市場全体の時価総額は現在、2兆4800億ドルに膨らんでいる。

参考記事
仮想通貨市場でビットコインのシェア低下、「フロス」の懸念高まる
ドージコイン、マスク氏は「詐欺」発言-月ミッション支払いに利用
仮想通貨で規模2番目のイーサ、初の4000ドル台ー年初から5倍超上昇

原題:
Two-Day-Old Cryptocurrency Surges to $45 Billion Market Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE