コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg
cojp

JPモルガン、バンカーが出張再開-対面せずに新規案件獲得できない

  • すでに30ー40人の投資銀バンカーが日常的に出張している
  • 「対面でつながらずに新たなビジネスは獲得できない」-ケーシー氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

「ズーム」を使ったビデオ会議がなくなることはないだろうが、巨額資金が動き競争の激しいハイファイナンスの世界では、遠距離にいる顧客の元への訪問が急速に再開されつつある。

  米銀最大手JPモルガン・チェースではすでに30ー40人ほどの投資銀バンカーが日常的に出張していると、投資銀行部門のグローバル共同責任者ジム・ケーシー氏が明らかにした。新型コロナウイルスワクチンの接種加速に伴い、ウォール街がコロナ禍前に戻りつつあることを示す新たな兆しだ。

  JPモルガンのバンカーの出張先は米国内だ。米国は主要な欧州、アジア各国よりも市民へのワクチン接種が進んでいる。

  ケーシー氏はコロナ禍前ほどの出張の頻度はまだないが、その数は増えているとし、「対面でつながらずに新たなビジネスは獲得できない」と述べた。

原題:JPMorgan Bankers Fly by the Dozens as Wall Street Norms Resume(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE