コンテンツにスキップする

中国が豪州産LNGを標的、輸入会社2社に新規購入避けるよう命令

  • 豪州からLNGを追加購入しないよう政府当局者から口頭で指示
  • 国有の大手輸入会社に指示はなく豪州産LNGを買い続ける計画

中国の液化天然ガス(LNG)輸入会社のうち、規模が小さめの少なくとも2社がオーストラリアからの新規購入を避けるよう指示された。両国関係悪化の貿易への波及が広がっている。

  2社は今後1年の引き渡し用に豪州からLNGを追加購入しないよう政府当局者から口頭で命じられた。詳細が公開されていないとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。

中国、オーストラリアとの戦略経済対話を無期限停止-新たな報復

Increasing Reliance

China LNG Imports From Australia

International Group of Liquefied Natural Gas Importers (GIIGNL)

  別のトレーダーによれば、購入の9割近くを手掛ける国有の大手輸入会社に指針は出ておらず、豪州産LNGを買い続ける計画で、影響は限定される可能性がある。

  国家発展改革委員会(発改委)にファクスでコメントを求めたが、返答はなかった。

  豪州は昨年、中国にLNG130億豪ドル(約1兆1100億円)相当を輸出した。

原題:China Targets Some Australian LNG Cargoes as Trade Spat Widens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE