, コンテンツにスキップする

日本株3日続伸、米刺激策の縮小懸念後退や商品高-輸出や原油株高い

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

東京株式相場は3日続伸。米雇用統計で主要データが予想を下振れて金融や財政の刺激策縮小に関する懸念が後退し、原油など商品市況の上昇も追い風となった。自動車や機械など輸出関連、鉄鋼など素材、ENEOSホールディングスなど原油関連を中心に幅広く買われた。

  • TOPIXの終値は前営業日比19.22ポイント(1%)高の1952.27
  • 日経平均株価は160円52銭(0.6%)高の2万9518円34銭
3日続伸

市場関係者の見方

アイザワ証券投資顧問部の三井郁男ファンドマネジャー

  • 米雇用統計は雇用者数が急減した後のリバウンドとあって振れやすい
  • 金融政策を警戒してポジションを落としていた向きからすれば、強弱入り混じったデータによって米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を維持すると受け止めた
  • グローバルに景気が回復しながらも金融緩和は長期化しそうで、投資家は鉄鋼など今期に需要が強そうなセクターに資金配分し始めている
  • 日本株は新型コロナ感染懸念で出遅れていたタイミングだったため、過剰流動性の中で待機していた資金が流入している

東海東京調査センターの平川昇二チーフグローバルストラテジスト

  • 米FRBや米大統領は今回の雇用データを弱いと感じている。財政と金融政策がともに継続するという期待がある
  • 原油など商品価格は需要が拡大する中で供給が限られていることで上昇が続き原油や素材関連株にプラス、ただし米石油パイプライン停止でガソリン価格が上昇すれば個人消費に悪影響も
  • 国内では新型コロナが週末でも拡大して連休期間中に人出が増えたことを示唆、緊急事態宣言が長期化する懸念は日本株の重し

東証33業種

上昇率上位鉄鋼、石油・石炭製品、非鉄金属、鉱業、機械、輸送用機器
下落率上位海運、小売り、空運、電気・ガス

背景

  • 米4月雇用者数は26.6万人増、予想大きく下回る-失業率6.1%に悪化
    • バイデン大統領、雇用統計は経済政策の必要性を示す
  • 7日の米S&P500種株価指数は0.7%高と最高値、米国債ほぼ変わらず
  • ENEOSなど原油関連に買い、米パイプライン操業停止で市況高期待
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE