コンテンツにスキップする

英政府、40歳未満にはアストラゼネカ製ワクチン提供せず

  • 血栓が生じる例は若い世代に相対的に多く見られている
  • 30歳未満への他社ワクチン提供は1カ月前に決定していた

英政府は7日、40歳未満の新型コロナウイルスワクチン接種について、アストラゼネカ製とは別のワクチンを提供することを決めたと発表した。比較的若い世代の人に極めてまれな血栓が生じる例が相対的に多く見られたためだという。

  政府は諮問委員会の勧告に従って今回の決定を下した。1カ月前には30歳未満にアストラ製以外のワクチンを提供することを決めていた。当時のデータでは、2000万回余りの接種で、死亡例19件を含む79件の血栓が報告されていた。最新のデータでは、最初の接種後に血栓が生じるリスクは100万人当たり10.5人だが、30-39歳では17.4人に高まるという。

原題:
U.K. Under-40s to Get Alternative Covid Vaccine to Astra (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE