, コンテンツにスキップする

ダイモン氏がバイデン増税をけん制-「ばらまきだけでは効果ない」

  • ダイモン氏は米投資信託協会の年次会合で発言
  • 「われわれは既に莫大な金額を無駄にしている」

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は米議員らに対し、景気回復のための大規模財政支出に乗り出すのであれば、道路建設や大学進学資金、雇用創出についての目標を具体的に示すよう求めた。

  ダイモン氏は米投資信託協会(ICI)の年次会合でのインタビューで「ばらまきだけでは効果はない。われわれは既に莫大な金額を無駄にしている」と述べた。発言内容はICIのウェブサイトに6日掲載された。

  バイデン大統領はインフラおよび社会的なプロジェクトに数兆ドルの支出を行い、その財源は富裕層などへの増税で賄うとしている。

  増税について聞かれたダイモン氏は、資金が何に使われるのか項目別のリストが必要だと指摘。「高速道路であれば何マイル建設する計画なのか、費用はどれぐらいになるのか、いつまでに完成させるのか、誰が責任を負うのか」と語った。また教育に関しては、「コミュニティーカレッジ無償化」だけでは具体性が乏しいとし、「何人の学生が卒業し、何人が年収6万5000ドル(約709万円)の仕事に就くことになるのか」と疑問を投げ掛けた。

  ダイモン氏は企業による情報開示を引き合いに出した上で、議会と政権はそうした具体的目標を国民に説明する責任があると指摘した。

原題:
Dimon on Raising Taxes: ‘Just Throwing Money, It Doesn’t Work’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE