コンテンツにスキップする

米ロク株が時間外で上昇、力強い4-6月期売上高見通しを材料視

  • 動画配信サービスの需要拡大継続を示唆-株価は一時5%余り上昇
  • ストリーミングへのシフトは必然的-株主宛て書簡で指摘

6日の米株式市場の時間外取引で、動画ストリーミング機器・ソフトウエア開発を手掛けるロクの株価が上昇した。4-6月(第2四半期)の売上高見通しがアナリスト予想平均を上回り、動画配信サービスの需要拡大継続が示唆された。

  ロクは4-6月の売上高を6億1000万ー6億2000万ドル(約670億ー680億円)と見込む。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は5億5170万ドルだった。同社の株価は通常取引終了後に一時5%余り上昇した。

  アンソニー・ウッド最高経営責任者(CEO)とスティーブ・ラウデン最高財務責任者(CFO)は株主宛て書簡で、同社にとって「年内から2022年にかけて逆風と追い風が入り交じる」だろうと指摘。21年は新型コロナウイルス絡みで比較が難しくなるが、ストリーミングへのシフトは必然的なものだと考えているとコメントした。

  1-3月(第1四半期)決算では純利益が1株当たり54セント、売上高が5億7420万ドル。ブルームバーグ集計のアナリスト予想は1株当たり損益が13セントの赤字、売上高が4億9250万ドルだった。

原題:
Roku Rallies After Strong Sales Forecast Amid Streaming Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE