コンテンツにスキップする

東京の緊急事態宣言、31日までの延長を要請へ-変異株に危機感

更新日時

東京都は新型コロナウイルスの感染再拡大を受けた緊急事態宣言について、期限の11日から31日まで延長するよう政府に要請する。小池百合子知事が6日、明らかにした。

  小池知事は「緊急事態宣言を解除できる状況にはない」と述べた。変異株の拡大を踏まえ人流抑制を引き続き行う必要があり、休業措置などは「緩める状況にはない」と説明した。

  埼玉、千葉、神奈川の3県もまん延防止等重点措置の延長を求める。大阪府の吉村洋文知事も緊急事態宣言の延長を要請する考えを示した。

東京都のコロナ感染状況

新規感染者数

出所:東京都

  3回目となる現在の緊急事態宣言で、都などは酒類提供やカラオケ設備を持つ飲食店、1000平方メートル以上の大型商業店舗などを対象に休業要請を行った。感染力の強い変異株が流行する中、4月25日から5月11日までの短期間の宣言で大型連休の人出を抑える狙いだったが、感染者数は十分に減少しなかった。

  菅義偉首相は5日夕、宣言発令の効果について「大きな狙いの一つであった人流については間違いなく減少している」と語った。今後の扱いに関しては専門家の意見を聞いた上で、今週中に判断したいと述べた

  東京都が6日に発表した新規感染者は591人。感染者数の直近7日間移動平均は736.6人で、前週比は94.2%。

関連記事
(小池都知事の発言や東京都の新規感染者数などを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE