コンテンツにスキップする
Photographer: BEHROUZ MEHRI/AFP
cojp

日本株続伸、米雇用改善や低金利の長期化期待-景気敏感など広く上げ

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

東京株式相場は続伸。米国で雇用指標が改善する中でインフレ懸念が後退したことを好感し、日本製鉄など鉄鋼や非鉄金属、海運といった景気敏感業種、食品株中心に幅広く上げた。半面、株主還元は不十分と受け取られたヒロセ電機は急落。

  • TOPIXの終値は前日比5.65ポイント(0.3%)高の1933.05
  • 日経平均株価は26円45銭(0.1%)高の2万9357円82銭
続伸

市場関係者の見方

アセットマネジメントOneの荻原健チーフストラテジスト

  • 米国ではワクチンが行き渡って4月に入って経済活動の再開が加速してきている。雇用統計の非農業部門雇用者数100万人増を市場は織り込んでいる
  • マクロは良くなっている一方、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の金利を抑えようとする発言を受けて低金利は長期化しそう
  • 緊急事態宣言の延長は想定されていたが、経済を下押すことは間違いなく、米国株に追随しきれない状況を生んでいる

みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト

  • 米新規失業保険申請の減少はワクチン接種の進展や移動制限の緩和で雇用需要が増加していることを反映している
  • 4-6月期の米景気は加速するだろう、景気回復で数量と価格の両面から日本の企業業績にもプラスに働く
  • 国内の緊急事態宣言の延長は良いこと、新規感染者数が明確に低下していない中で中途半端に解除すると前回のようにその後増加しかねない

東証33業種

上昇率上位鉄鋼、海運、保険、鉱業、非鉄金属、倉庫・運輸、空運
下落率上位その他製品、精密機器、証券・商品先物取引、陸運、サービス

背景

  • 6日の米国株は上昇、ダウ平均は連日最高値-10年債利回り1.57%
  • 米新規失業保険申請、パンデミック入り後の最少-予想以上に減少
  • 緊急事態宣言を31日まで延長へ、商業施設は休業から時短に-政府
  • ヒロセ電株が大幅下落、株主還元は不十分な印象とSMBC日興
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE