, コンテンツにスキップする

ペイパル、新規アカウント数と売上高見通しを上方修正-株価上昇

  • 新型コロナワクチン普及でもオンラインで買い物する流れ止まらず
  • 1-3月総取扱高は50%増と過去最高の伸び-市場予想も超える

オンライン決済サービス会社、米ペイパル・ホールディングスは5日、通期の新規アカウント数と売上高の見通しを上方修正した。全世界で新型コロナウイルスワクチンが普及する中でも、同社のサービスを利用してオンラインで買い物する流れは止まっていない。

  1-3月(第1四半期)を通して各地域で制限措置の緩和が続いたが、同四半期の総取扱高は50%増の2850億ドル(約31兆円)と過去最高の伸びを示し、アナリスト予想平均の2650億ドルを超えた。ペイパルは通期の正味の新規アクティブアカウント数を最大5500万と現時点で見込んでおり、従来の見通しを引き上げた。

  発表を受け、同社の株価は時間外取引で一時4%余り上昇した。

  通期の売上高は20%増の257億5000万ドルを見込み、これまでの見通し(19%増)を若干上方修正した。総取扱高は約30%増になる見通し。

  1-3月期は新規アクティブアカウント数が1450万で、これも市場予想を上回った。総売上高は29%増の60億3000万ドルで、市場予想(58億8000万ドル)を超えた。

  傘下の個人間送金サービス「ベンモ」の総取扱高も63%増えて510億ドルだった。

原題:PayPal Sees Online Shopping Flurry Continue Even With Vaccines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE