コンテンツにスキップする

材木先物が急伸、初の1500ドル台-旺盛な需要背景に1年間で価格4倍

このところ急上昇している米国の材木先物価格は、5日に一段と上げ、初めて1500ドル台を付けた。

  旺盛な住宅建設需要を受け、建設業者が木材確保に躍起となっていることが背景にある。製材所も在庫積み増しに苦労し、トラック運転手や建設労働者らの不足が状況をさらに深刻にしている。

  材木先物の価格はこの1年で4倍となった。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で取引される材木先物(7月限)は5日、一時4%高の1000ボードフィート当たり1541ドルに上昇。中心限月として過去最高値を更新した。

Prices extend record rally as building surge strains supply

原題:
Lumber Futures Extend Record Rally to Top $1,500 for First Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE