コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数、4月は74.2万人増-7カ月ぶり大幅な伸び

更新日時
  • 娯楽・ホスピタリティーが23.7万人増と全体をけん引
  • 統計は雇用が今後数カ月に加速する可能性が高いことを示唆

ADPリサーチ・インスティテュートによると、4月の米民間雇用者数は7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で最も深刻な打撃を受けた業種で、特に増加幅が大きかった。経済活動の再開とワクチン接種が進む中で、雇用の改善が続くことが示唆された。

キーポイント

  • 米民間雇用者数は前月比74万2000人増
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は85万人増
    • 前月は56万5000人増(速報値51万7000人増)に上方修正
Companies in U.S. add most workers in seven months, led by hospitality industry

米民間雇用者数の推移

出所:ADPリサーチ・インスティテュート

  ADPのチーフエコノミスト、ネラ・リチャードソン氏は「経済が再開、回復し、通常の活動が戻る中、サービス業が最も雇用増加の余地がある」と指摘した。

  ADPが調査対象とする業種では1業種を除き全てで雇用が改善。全業種中で最大の伸びを示した娯楽・ホスピタリティーでは23万7000人増と、昨年6月以来の大幅増。貿易・輸送では15万5000人増えた。

  規模別では大企業で最も増加し、次が従業員50人未満の小規模企業だった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Companies Add Most Jobs in Seven Months, ADP Data Show(抜粋)

(統計の詳細やコメントを追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE