, コンテンツにスキップする

日産自動車:保有するすべてのダイムラー株売却へ-総額1510億円

更新日時
  • 売却で得た資金は、電動化の促進に向けた投資など競争力強化へ
  • 売却後も「ダイムラーとの事業上のパートナーシップに変更はない」

日産自動車は5日、保有する独ダイムラーの全株式を総額約11億4900万ユーロ(約1510億円)で売却すると発表した。アライアンスを組むフランスのルノーがこれより先、ダイムラー株を売却したのに続く。

  同社の発表資料によると、株式資本の1.54%に相当する1644万8378株を1株当たり69.85ユーロで、機関投資家に売却する。売却によって得た資金の用途は、電動化の促進に向けた投資など、事業競争力の強化の原資として活用していく予定だとしている。

  ブルームバーグが正式発表前に確認した売却条件によると、日産自はBofAセキュリティーズとソシエテ・ジェネラルを通じて売り出す。

  日産自はルノーと同じく、カルロス・ゴーン元会長の逮捕と起訴でアライアンスが混乱に陥った後、収益性回復と投資ポートフォリオの見直しに取り組んでいる。ルノーは3月にダイムラー株を売却し、11億4000万ユーロを得た。

  日産自は株式売却後もダイムラーとの事業上のパートナーシップに変更はなく「両社は複数の分野での協業をこれまで通り継続していく」としている。

(日産自の発表資料を基にコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE