, コンテンツにスキップする

インテルが米工場に35億ドル投資へ、TSMCは米国で工場増設の報道

  • インテルはニューメキシコ州工場の機能高め、700人を追加雇用
  • TSMCはアリゾナ州で複数の工場建設を計画-ロイター通信

半導体メーカーの米インテルは、35億ドル(約3825億円)を投じてニューメキシコ州にある工場の機能を高める計画を明らかにした。同社は半導体製造の再活性化を進めている。

  米国にはニューメキシコ、オレゴン、アリゾナの3州にインテルの生産拠点がある。3日の発表によれば、ニューメキシコ州の工場では半導体のパッケージ技術を支えるための投資が行われる。これにより同工場では新たに700人が雇用されるという。

  ロイター通信が4日、事情に詳しい関係者3人の話として報じたところによれば、半導体ファウンドリー(受託生産)で世界一の台湾積体電路製造(TSMC)はアリゾナ州で現在建設を計画している工場1カ所に加えて、最大5カ所を追加で建設する計画だ。

  工場拡大は米国政府からの要請に応じたものだと、関係者の1人が語った。

原題:TSMC Eyeing Expansion of Planned Arizona Plant: Reuters(抜粋)

Intel to Invest $3.5 Billion to Upgrade New Mexico Site(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE