, コンテンツにスキップする

モデルナ、COVAXへのコロナワクチン提供で合意-最大5億回分

モデルナはワクチン共同購入の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」に最大5億回分の新型コロナウイルスワクチンを提供することに合意した。ただ、年内に納品されるのはごく一部となる見通しだ。

  世界保健機関(WHO)などが主導するCOVAXはこれまでに、英アストラゼネカや米ファイザージョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)からワクチン提供で協賛を得ていた。モデルナのワクチンは先週、WHOの緊急使用リストに登録され、COVAX参加の資格を満たした。

  COVAX参加団体の一つで、途上国の予防接種を支援する官民パートナーシップ「GAVIワクチンアライアンス」によると、COVAXに対するモデルナ製メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの提供は10-12月(第4四半期)に開始の見込み。2021年内に3400万回分、22年には4億6600万回分の供給が予定されている。

  世界のワクチン格差縮小に取り組むCOVAXは、資金調達面の課題や納期の遅れといったハードルに直面している。

原題:Moderna to Supply Up to 500 Million Vaccine Doses to Covax (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE