コンテンツにスキップする

米モデルナ製ワクチンを21日にも承認、日本政府が調整-報道

日本政府は米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの製造販売について、21日にも承認する方向で調整に入ったと、読売新聞が1日報じた。情報源は明示していない。同ワクチンは政府が開設する大規模接種会場で使用する方針。

  同ワクチンは国内流通を担う武田薬品工業が3月に厚生労働省に承認申請していた。承認されれば米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したワクチンに続き2例目となる。

関連記事
米モデルナ製ワクチン、5月20日にも承認判断へ-共同 (27日)
大手町に大規模ワクチン接種センター、5月24日を目標に開設 (3)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE