, コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長、市場の一部は「やや泡立っている」との認識表明

  • 「資産価格の幾つかは高い」-FOMC後の記者会見で質問に回答
  • ワクチン接種や経済活動再開なども大いに関連

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は28日、市場の一部は「ややフロシー(泡立っている状態)だ。そして、それは事実だ」と語った。具体的にどの市場を指すのかは明言しなかった。

  連邦公開市場委員会(FOMC)会合後の記者会見で、ビデオゲーム販売会社ゲームストップの株価や柴犬がモチーフの暗号資産(仮想通貨)ドージコインなどの急上昇が金融の安定性に脅威となるかとの質問に答え、議長は「資産価格の幾つかは高い」と話した。

  パウエル議長は資産価格について、米金融当局が金融の安定性を評価するのに当たって1つの要素だとしつつも、唯一のものではないと指摘。「それが金融政策に関係ないとは言わないが、ワクチン接種や経済活動の再開とも大いに関連している。相場をこの数カ月動かしてきたのはそうしたものだ」と説明した。

  議長としては、泡立ちの有無にかかわらず、近いうちに超緩和的な金融政策の縮小に動くことはないとの意向を明確にした形だ。

By some measures, S&P 500 valuations already top dot-com era

原題:Powell Breaks Out the ‘Froth’ Word When Asked About Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE