コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Olivier Douliery/Getty Images
Cojp

フェイスブック、広告需要好調で売上高急増-ユーザー数も増加

更新日時
  • 1-3月は48%増収、月間アクティブユーザー数は10%増
  • 4-6月の売上高は1-3月から横ばい、もしくは増加を見込む

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

フェイスブックの1-3月(第1四半期)決算は売上高が48%急増し、アナリスト予想を上回った。数十億人に上る同社ユーザー目当ての小売業者など広告主からの需要が強かった。

  28日のフェイスブック発表によると、売上高は262億ドル(約2兆8500億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は237億ドルだった。月間アクティブユーザー数は10%増の28億5000万人。市場予想は28億3000万人。

  純利益は95億ドル(1株当たり3.30ドル)。アナリスト予想平均は1株利益2.34ドルだった。

  フェイスブックは発表文で、4-6月(第2四半期)の売上高は1-3月から横ばい、もしくは増加が見込まれるとした。ただ、今年後半については失速の可能性を指摘し、慎重な姿勢を維持した。また、ユーザーのトラッキング(履歴追跡)を規制する米アップルの動きによって、フェイスブックはターゲット広告向けのユーザー情報収集能力がそがれる恐れがあるとして、広告事業の潜在的リスクにあらためて言及した。

  フェイスブックの株価は通常取引終了後の時間外取引で一時328.40ドルを付ける場面もあった。28日終値は307.10ドル。

原題:Facebook’s Sales, Users Jump as Pandemic Habits Persist (3)(抜粋)

(4-6月売上高の見通しを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE