コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

FOMC、景気の現状認識を上方修正-政策金利はゼロ付近で維持

更新日時
  • 声明ではパンデミックがもたらすリスクが低下していることを示唆
  • インフレ率は上昇-主として「一過性の要因」を反映

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米連邦公開市場委員会(FOMC)は27、28両日に開催した定例会合で、景気の現状認識を上方修正した。一方で、まだ現行の金融緩和策の縮小を検討する段階ではないとの姿勢も示した。

FOMC声明:経済や雇用は強さ増す、インフレ上昇は主に一過性の要因

  FOMCは会合後の声明で、「ワクチン接種の進展と強力な政策支援の中、経済活動と雇用は力強さを増した」と指摘。会合ではフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で、資産購入ペースを月額1200億ドル(約13兆640億円)でそれぞれ据え置くことを決定した。

FOMCの政策決定について会見するパウエルFRB議長

Source: Bloomberg)

  また「経済見通しへのリスクは残っている」とし、パンデミックが「重大なリスク」をもたらしているとした前回声明から上向きに表現を修正。景気が明確に改善していることを示した。

  今回の声明ではさらに、「パンデミック(世界的大流行)で最も悪影響を受けたセクターでは弱さが続いているが、改善を示している」と指摘。物価上昇のリスクについては、「インフレ率は上昇し、これは主として一過性の要因を反映している」と記した。

  今回の政策決定は全会一致だった。

Recent spikes in U.S. retail sales, employment underscore Fed's view of strengthening

  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は声明発表後の記者会見で、経済の回復ペースは予想されていたより速いものの、「引き続きばらつきが見られ、完了からは程遠い」と指摘。経済には「われわれの目標達成まで長い道のりが残されている」と述べた。

  声明では債券購入について、FOMCの目標である最大限の雇用と物価安定に向けて「一段と顕著な進展」があるまで現行ペースを維持すると改めて表明。パウエル議長は会見で、まだ資産購入の縮小について話す時期ではないとし、「一段と顕著な進展を目にするまでしばらく時間がかかる」と語った。

  ブルームバーグのエコノミスト調査によれば米経済は今年、約30年ぶりの速いペースで成長する見通し。また金融当局は今年10-12月(第4四半期)に債券購入のテーパリング(段階的縮小)を発表すると見込まれている。

原題:Fed Upgrades View of Economy While Keeping Rates Near Zero (3)(抜粋)

(リードなど書き換え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE