, コンテンツにスキップする

テスラを非難、自動車コーティングの排出報告怠ったと米環境保護局

  • テスラはEPAの主張に異議表明、情報提出の要請に応じる
  • この問題が事業に重大な悪影響もたらすとは見込まず-テスラ

米環境保護局(EPA)は今月、米テスラが電気自動車の表面コーティングに関連して有害大気汚染物質の規則順守について証明することを怠ったと非難した。

  テスラが28日、四半期の届け出で明らかにした。同社はEPAの主張に異議を表明するとし、EPAによる情報提出の要請に応じていると説明。この問題が同社事業に重大な悪影響をもたらすとは見込んでいないとも記した。

  EPAの規則は自動車メーカーのコーティング措置に使われる有害汚染物質からの排出抑制を目的としている。

原題:
Tesla Accused by EPA of Auto-Coating Emissions Reporting Failure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE