コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、孫社長の株式保有比率が32.1%に上昇へ-自己株消却

ソフトバンクグループは28日、取得した自己株式を消却すると発表した。これにより、孫正義社長の同社株式の保有比率が32.1%に高まることになる。

  発表資料によると、消却予定日は5月11日。ブルームバーグの集計では、消却実施後に孫社長のほか、孫エステート合同会社など関連の資産管理会社の共同保有割合はこれまでの26.9%から上昇する。今回消却するのは、発行済み総数の16.31%に相当する3億4088万200株。

SoftBank Group President Masayoshi Son Keynote Address at The JCI World Congress

ソフトバンクGの孫社長

  ソフトバンクGは2020年3月から総額2兆5000億円の自社株買いプログラムを開始し、1年間で全体の9割を取得した。株式市場に与えた影響も大きく、ブルームバーグの集計によれば、株価は月間で平均7.6%上昇した。昨年3月に5兆円台だった時価総額は20兆円を超えた。

ソフトバンクG、終わり近づく自社株買いー好決算も株価上昇限定的か

  ソフトバンクG株は、孫社長が経営陣による買収(MBO)で非上場化する可能性があるとの観測から上昇傾向にあった。孫社長は2月の決算説明会で非上場化についての考え方について問われると、「ノーコメント」と回答した。

ソフトバンクGの孫社長、年間20社上場に意欲-「金の卵の製造業だ」

  ソフトバンクGの広報担当者は孫社長の共同保有比率の変化について、コメントを控えるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE