, コンテンツにスキップする
Photographer: Behrouz Mehri/AFP/Bloomberg
cojp

東京五輪控えた日本、ワクチン接種出遅れ-政府の準備不足指摘も

更新日時
  • 日本のコロナワクチン接種率はOECD加盟国最下位の1.1%
  • 国産ワクチンのない日本、国内での臨床試験義務付け

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

新型コロナウイルスのワクチン接種競争で、日本は世界に先行するはずだった。国民皆保険があり、製薬業界の力も強い。東京五輪や総選挙を控え、高齢化が進む日本の政治家にとって指導力を発揮すべき動機や理由はいくらでもある。

  それでも、ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、日本のコロナワクチン接種率は人口のわずか1.1%と、経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国で最下位だ。米国は36%、英国も35%に近い。日本はアジアでも中国やインド、シンガポール、韓国に後れを取っている。フィリピンやタイなどをわずかに上回る程度だ。

JAPAN-HEALTH-VIRUS-VACCINE

自宅での接種(長野県北相木村、4月21日)

  菅義偉首相は4月23日、東京や大阪など4都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。宣言が出されるのはこれで3回目だ。昨年は米国などが感染急拡大に見舞われる一方で、日本は感染を比較的抑えてきたが、今は立場が逆転したようだ。

  楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は27日、「ワクチン接種をワープスピードで進めてほしい。アメリカのように」とツイートした。

Japan's Slow Start

Percent of population vaccinated against Covid-19 in G-7 countries

Data: Bloomberg

  ヘルスケア企業などを顧客として持つL.E.K.コンサルティング日本法人代表の藤井礼二氏は、政府の準備不足を指摘。初期段階では米ファイザーからのワクチン供給の遅さを責められたが、もはやそうではないという。政府が3月に示した数値と推計によれば、日本は接種1500万回分を超えるファイザー製ワクチンを受け取っているもようだ。

  同氏はファイザーが十分なワクチンを引き渡していないとか、十分なワクチンがまだないということではなく、配布の問題と準備不足に原因があると分析。これが国内であらゆる人々のビジネス機会に悪影響を及ぼし、ひいてはコロナ禍からの経済持ち直しを遅らせると述べた。

  インドや中国と同様、日本は常に製薬会社に対し、新薬の承認申請前に国内での臨床試験を義務付けてきた。一方、インドや中国とは異なり、日本企業の国産コロナワクチン生産はまだだ。

  北里大学の中山哲夫特任教授は「危機管理になると、日本の中で日本産のワクチンをきちっとつくらなきゃいけないというディスカッションになる」と予想。コロナは「これで終わりではなく、これから来年も再来年も続くことになり、日本産のワクチンはやっぱりみんなが望んでいるところで、そこをどのようにクリアしていくのかをこれからディスカッションしていく」だろうと語った。

Japan Starts Vaccination Of Elderly Population

ファイザー製ワクチンの接種(川崎市の介護施設で、4月12日)

  第一三共など日本の製薬会社はコロナワクチン開発で欧米勢に大きく出遅れている。同社は国内でmRNAワクチンの第1相臨床試験を始めたが、承認を得るには規模を拡大した治験が必要だ。
 
  第一三共の籔田雅之バイオロジクス本部長は、同技術に対する慎重姿勢を理由に挙げ、国内でのワクチン開発は非常に難しいとの見方を示す。mRNAプラットフォームがワクチンに使われるのはコロナ感染症が初めてだ。

  在日米国商工会議所(ACCJ)ヘルスケア委員会のジョン・カールソン共同委員長はワクチン接種を巡る日本の現状について、「新しい技術を採用する、さらには日本発のイノベーション開発を加速させるという点で日本がどれだけ進んでいるのかという疑問をわれわれに投げ掛ける」と話した。
 
  菅政権は高齢者へのワクチン接種を7月末までに終えたいとしている。シティグループの村嶋帰一、相羽勝彦両エコノミストは4月25日公表のリポートで、1日平均約74万回の接種が必要になり得ると分析。かなり野心的な目標であり、達成できるか懐疑的な専門家もいると指摘した。

原題:With 1.1% of People Vaccinated, Japan Lags the Developed World(抜粋)

(第9段落以降を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE