コンテンツにスキップする

EU、ワクチン接種した米旅行者の渡航を今夏に受け入れへ-NYT紙

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

新型コロナウイルスワクチンの接種を終えた米国人旅行者は今夏、欧州連合(EU)への渡航が可能になる。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が欧州委員会のフォンデアライエン委員長とのインタビューを引用して25日に報じた。

  EUはコロナ感染拡大を防ぐため、ほとんどの国から域内への不要不急の渡航を1年にわたり禁止してきた。

  同紙によると、米国でワクチン接種が急速に進んでいるほか、米・EU当局間で渡航者の免疫証明としてワクチン証明書を受け入れる方法について協議が進展したことで、欧州委による方針転換の勧告が可能になり、大西洋をまたいだレジャー旅行復活への道が開く。

  同紙は同委員長を引用し、米国が6月半ばまでに成人の70%にワクチンを接種し、いわゆる集団免疫を獲得する取り組みで「非常に大きな前進」を遂げていると報じた。

原題:
EU Set to Allow Vaccinated U.S. Tourists Visit This Summer: NYT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE