, コンテンツにスキップする

米代替エネルギー関連株、キャピタルゲイン増税報道で上げ幅縮小

  • 米温室効果ガス排出半減との米大統領公約で上昇していた
  • 太陽光発電関連株は上げる、バークレイズが投資判断引き上げ

22日の米株式市場で代替エネルギー関連株は一時、米国の温室効果ガス排出量を2030年までに半減させるとのバイデン大統領の公約を受け上昇したものの、同大統領が富裕層に対するキャピタルゲイン増税を計画しているもようだとの報道で上げ幅を縮小した。

バイデン大統領、30年までの米温室効果ガス排出半減を公約

米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税提案へ、2倍に-関係者

  ただ太陽光発電株はバークレイズがソーラーエッジ・テクノロジーとアレイ・テクノロジーズの投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」に引き上げたことが好感され、大きく上げた。

  ワイルダーヒル・クリーンエネルギー指数は一時3.7%高を付けた後に反落し、終値は1%高となった。この1カ月では13%下げている。同指数は昨年、約3倍に上昇しバブル懸念も広がったが、その後はセンチメントの冷え込みに加え、グロース株よりもバリュー株を選好する動きを受けて下げている。

  バーチャル形式の気候変動サミットは23日も行われる。

注目銘柄:

・電気自動車(EV)メーカーとEVインフラ関連:

 テスラ、ニコラ、ワークホース・グループ、チャージポイント・ホールディングス

・自動車メーカー:

 ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、ステランティス

・代替エネルギーとクリーン技術企業:

 プラグ・パワー、ブルーム・エナジー、アレイ・テクノロジーズ、サンノバ・エナジー・インターナショナル、サンラン

・石油天然ガス生産会社とバイオ燃料関連会社:

 エクソンモービル、シェブロン、オキシデンタル・ペトロリアム、アメティス、ダーリン・イングリディエンツ、リニューアブル・エナジー・グループ

原題:
Climate Stock Boost Overshadowed by Biden’s Capital Gains Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE