コンテンツにスキップする
Photographer: Kevin Frayer/Getty Images
cojp

北京冬季五輪の「外交的ボイコット」、米法案に追加-上院委で承認

  • 米代表選手団派遣の資金提供を禁止する-選手の参加は禁じない
  • 香港や新疆ウイグル自治区の人権問題巡りロムニー上院議員らが提出

来年2月に開かれる北京冬季五輪について米国の参加を制限する法案が、中国を標的とする包括的法案の一部として上院委員会で承認された。法案は近く上院本会議に送られる可能性がある。

  この「外交的ボイコット」は米選手の五輪参加を禁じるものではないが、米代表選手団を五輪に派遣するための資金提供を禁止する。

  法案は香港や新疆ウイグル自治区の人権問題の重要性を強調する手段として米共和党のロムニー上院議員と民主党のケイン上院議員が提出。経済および戦略面でますます力をつける中国に立ち向かうことを目指す法律の修正案に盛り込まれた。

  中国外務省の汪文斌報道官は22日、北京での定例記者会見で、スポーツイベントの政治化は国際的な支持を得られないだろうと述べ、中国は五輪の成功を確信していると語った。

関連記事
ロムニー米共和議員、民主議員と北京五輪の外交的ボイコット呼び掛け
北京冬季五輪ボイコットリスク、米中の新たな火種-進出企業に影響も

原題:
‘Diplomatic Boycott’ of Beijing Olympics Added to China Bill (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE