, コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
cojp

JPモルガン、投資銀部門で190人近くを採用-若手の燃え尽き防止

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米銀行最大手JPモルガン・チェースは、投資銀行部門で190人近くを新たに採用する。新型コロナウイルス感染がパンデミック(世界的大流行)となって以降ジュニアバンカーの業務が急増しており、ウォール街の金融機関は負担軽減に乗り出している。

  事情に詳しい関係者によれば、JPモルガンは世界全体でアナリストを65人、アソシエートを22人それぞれ採用した。またバンカーと支援スタッフを合計100人追加する予定だという。この人材採用については、投資銀行部門のグローバル共同責任者ジム・ケーシー氏とビス・ラガバン氏が20日の会議で社内向けに発表していた。

  ウォール街では特別賞与などで激務に報いる金融機関がある一方、関係者によればJPモルガンは別の方法をとる。追加の人員採用のほか、平日は午後7時までに退社するよう促すほか、年間で最低3週間の休暇を取得させるよう方針を強化、またジュニアバンカーが時間をどう費やしているかについて四半期ごとの調査を実施するという。

  JPモルガンによる人員採用などの措置については米ニューヨーク・タイムズ・ディールブックが先に報じていた。

関連記事:

原題:JPMorgan Is Hiring 190 Bankers, Support Staff to Combat Burnout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE