, コンテンツにスキップする

日銀がETF701億円買い入れ、TOPIX型のみ購入開始後初めて

Haruhiko Kuroda, governor of the Bank of Japan (BOJ), takes a question from member of the medias during a news conference at the central bank's headquarters in Tokyo, Japan, on Friday, March 19, 2021. BOJ unveiled a set of carefully crafted policy tweaks aimed at giving itself more flexibility to keep up its long quest to revive inflation.
Haruhiko Kuroda, governor of the Bank of Japan (BOJ), takes a question from member of the medias during a news conference at the central bank's headquarters in Tokyo, Japan, on Friday, March 19, 2021. BOJ unveiled a set of carefully crafted policy tweaks aimed at giving itself more flexibility to keep up its long quest to revive inflation. Photographer: Taketo Oishi/The Nikkei

日本銀行は21日の東京株式市場で上場投資信託(ETF)を701億円買い入れた。通常のETF購入は3月30日以来で、規模は同月24日(同額)以来の大きさ。

  TOPIXは午前の取引で2.2%下げていた。世界各地で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

  日銀はTOPIX連動型のみ購入することを3月の金融政策決定会合で決定し、4月から運用を開始している。年間増加ペースの約6兆円の原則を撤廃した上で、約12兆円の上限を感染症収束後も継続し、必要に応じて買い入れることを決めた。

  前日はTOPIXが午前終値で1.2%下げたが、ETF購入は見送られた。1%超下げても日銀が通常ETFを購入しなかったのは少なくとも2016年以降で初めて。購入を見送った中で最も大きい下落率は2月24日の0.89%だった。

日本株は大幅続落、新型コロナ再拡大でリスク回避-ほぼ全面安

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE