, コンテンツにスキップする

習主席、バイデン大統領の気候変動サミット参加へ-対立でも協力姿勢

  • 習主席が22日にビデオリンクを通じて出席-中国外務省
  • 幅広い問題で対立する米中、気候変動では協力に前向き
Xi Jinping on a screen in Kashgar, in China's western Xinjiang region.
Xi Jinping on a screen in Kashgar, in China's western Xinjiang region. Photographer: Greg Baker/AFP/Getty Images

中国の習近平国家主席は、バイデン米大統領が22、23両日に開く気候変動問題に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)に参加する。両国の関係が冷え込む中でも気候問題は協力できる分野の1つであることを示唆している。

  中国外務省は21日、習主席がバイデン氏の招請を受け入れ、22日にビデオリンクを通じて会合に出席すると発表した。

米中、気候変動対処で協力を表明-習主席サミット出席との報道も

  米中は新疆ウイグル自治区で浮上する強制労働の疑いや中国による香港統制強化、サプライチェーンにおける中国の役割を抑える米国の取り組みなど幅広い問題を巡って対立。習主席は20日の演説で、世界が必要としているのは「正義であり、覇権ではない」と主張し、米国をけん制していた。

習主席がデカップリングに警鐘、米国の役割けん制-ボアオ演説

  だが、両国は気候変動への対処では協力に前向きな姿勢を示してきた。先週にはバイデン政権で気候変動問題を担当するケリー大統領特使が上海を訪問。米中は地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定の履行を支援するとともに、英グラスゴーで年内に開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の成功を促すとの共同声明を発表していた。

関連記事

原題:
China’s Xi Jinping Agrees to Take Part in Biden’s Climate Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE