コンテンツにスキップする
Subscriber Only

P&G、一部消費者向け製品を値上げへ-原材料コストの上昇に対応

The Procter & Gamble Co. logo is displayed on a package of ZzzQuil Nighttime Sleep-Aid in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Tuesday, July 30, 2019. Procter & Gamble reported its best quarter of organic sales in more than a decade, with shoppers snapping up its beauty and health-care products in particular, even as its shaving segment took a hit in some regions, including an $8 billion charge.
The Procter & Gamble Co. logo is displayed on a package of ZzzQuil Nighttime Sleep-Aid in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Tuesday, July 30, 2019. Procter & Gamble reported its best quarter of organic sales in more than a decade, with shoppers snapping up its beauty and health-care products in particular, even as its shaving segment took a hit in some regions, including an $8 billion charge. Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

米消費財大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、一部消費者向け製品の価格を引き上げる。原材料コストが上昇しており、製品の値上げで対応する。

  おむつなどの製造コストが上昇しており、P&Gはベビーケアと女性ケア、成人失禁の分野で値上げに向けたプロセスを開始。1桁台半ばから後半の値上げ率となる可能性があり、9月から実施の予定。同社が20日、1-3月(第3四半期)決算の発表で同時に説明した。

  ジョン・モーラー最高執行責任者(COO)はインタビューで、値上げの要因としてパルプと石油関連のコスト上昇を挙げた上で、全体として「これまで経験した中でも比較的大きな原材料コスト上昇だ」と語った。

  第3四半期の売上高は181億ドル(約2兆円)と、アナリスト予想を上回った。これは前年同期比で5%増、企業の合併・買収(M&A)や為替変動などの影響を除く本業ベースでは4%増となる。一部項目を除くコア事業の1株当たり利益は1.26ドルで、こちらも市場予想を上回った。

原題:P&G Plans to Raise Prices as Inflation Hits Grocery Shelves (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE