コンテンツにスキップする

日銀総裁、緩和やめても長期金利1%しか上がらないとは言い切れず

Haruhiko Kuroda, governor of the Bank of Japan (BOJ), takes a question from member of the medias during a news conference at the central bank's headquarters in Tokyo, Japan, on Friday, March 19, 2021. BOJ unveiled a set of carefully crafted policy tweaks aimed at giving itself more flexibility to keep up its long quest to revive inflation.
Haruhiko Kuroda, governor of the Bank of Japan (BOJ), takes a question from member of the medias during a news conference at the central bank's headquarters in Tokyo, Japan, on Friday, March 19, 2021. BOJ unveiled a set of carefully crafted policy tweaks aimed at giving itself more flexibility to keep up its long quest to revive inflation. Photographer: Taketo Oishi/The Nikkei

日本銀行の黒田東彦総裁は20日、3月の政策点検で日銀の国債買い入れによる長期金利の押し下げ効果を1%程度としたことに関連し、現行緩和策を取りやめた場合の長期金利の上昇幅は必ずしも同程度にはならないとの見解を示した。衆院財務金融委員会での階猛氏(立憲民主)への答弁。

  総裁は、今回の定量分析で用いた有効求人倍率や消費者物価、米国長期金利などの変数が同じであれば「その程度の長期金利の上昇にとどまると推測できる」と説明。その上で、将来の緩和終了時にはこうした変数の状況が過去8年間と変わっている可能性があるとし、「やめても1%程度しか長期金利が上がらないとは言い切れない」と述べた。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE