, コンテンツにスキップする

ソフトバンクG株が約2週間ぶり安値、アーム売却巡り英当局が介入

Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., stands in front of an image of the rabbit-duck illusion as he speaks during a news conference in Tokyo, Japan, on Wednesday, Feb. 12, 2020. In a sign of continuing struggles with its startup investments, SoftBank lost money again in its Vision Fund, one quarter after the Japanese company posted a record quarterly loss driven by the meltdown at WeWork.
Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., stands in front of an image of the rabbit-duck illusion as he speaks during a news conference in Tokyo, Japan, on Wednesday, Feb. 12, 2020. In a sign of continuing struggles with its startup investments, SoftBank lost money again in its Vision Fund, one quarter after the Japanese company posted a record quarterly loss driven by the meltdown at WeWork. Photographer: Bloomberg/Bloomberg

ソフトバンクグループ株がおよそ2週間ぶりの安値を付けた。英当局は19日、ソフトバンクG傘下の英半導体設計会社アームの米エヌビディアへの売却を巡り、国家安全保障上の懸念を理由に介入する方針を表明した。

  20日の日本株市場でソフトバンクG株は一時前日比2%安の9805円と3営業日続落し、2日以来の安値水準となった。下落率の大きさは3月29日(2.8%)以来。

  英デジタル・文化・メディア・スポーツ省は19日、アーム買収の及ぼす影響を調査し、7月30日深夜までに報告書をまとめるよう競争市場庁(CMA)に指示したと発表した。同日のエヌビディア株は一時前日比4.3%下落した。

英国が介入、エヌビディアのアーム買収計画-安全保障上の理由で

  ソフトバンクGによる英アームの米エヌビディアへの売却額は400億ドル(約4兆3000億円)。2020年3月に発表した4兆5000億円規模の資産売却プログラムの一つだった。孫正義社長は昨年10月に開かれたイベントで、「売ったような買ったような不思議な関係だ」と述べ、今後ソフトバンクGがエヌビディアの筆頭株主になり、協業していくことへ期待を寄せた。

Chip Rout Worsens as Tax Rotation Sends Stocks to Five-Week Low

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE