, コンテンツにスキップする

株の空売りが記録的低水準、ヘッジファンドは致命的打撃もうこりごり

  • S&P500種銘柄のショートは時価総額の1.6%-17年ぶり低水準付近
  • 「全体を高揚感が覆っている」とアルファ・セオリーのダン氏
The New York Stock Exchange (NYSE) at Wall Street and the 'Fearless Girl' statue are seen on March 23, 2021 in New York City. - Wall Street stocks were under pressure early ahead of congressional testimony from Federal Reserve Chief Jerome Powell as US Treasury bond yields continued to retreat. (Photo by Angela Weiss / AFP) (Photo by ANGELA WEISS/AFP via Getty Images)
The New York Stock Exchange (NYSE) at Wall Street and the 'Fearless Girl' statue are seen on March 23, 2021 in New York City. - Wall Street stocks were under pressure early ahead of congressional testimony from Federal Reserve Chief Jerome Powell as US Treasury bond yields continued to retreat. (Photo by Angela Weiss / AFP) (Photo by ANGELA WEISS/AFP via Getty Images) Photographer: ANGELA WEISS/AFP

オンライン掲示板「レディット」に群がる個人投資家から大打撃を今年に入って受けたウォール街の弱気派は、株価が過去最高値を更新しバリュエーションが20年ぶりの高水準付近にあるにもかかわらず、積極的な姿勢を取り戻していない。

  ゴールドマン・サックス・グループによると、S&P500種株価指数の構成銘柄の空売りポジションは時価総額の1.6%(中央値)と、17年ぶりの低水準に近い。欧州でもストックス欧州600指数が過去最高値を更新する中で、構成銘柄のショートは浮動株の1.65%と、記録的な水準付近に低下したことが、モルガン・スタンレーのデータで示された。

  一方、JPモルガン・チェースのプライムブローカレッジ部門ではヘッジファンドのロングが比較ベースで数年ぶりの高水準付近にある。

Short sales dwindle while S&P 500 rallies to record

  こうした状況は、経済活動再開や大規模な刺激策を受けて世界の株価が過去最高値を今月更新するに当たり、強気派の存在がいかに大きいかを示唆するものだ。機関投資家やヘッジファンドなどのスマートマネーには割高な銘柄などに空売りを仕掛ける意欲はほとんどない。デイトレーダーの集団から今年、打撃を被ったことでその傾向に拍車がかかった。

  アルファ・セオリー・アドバイザーズのプレジデント、ベンジャミン・ダン氏は「全体を高揚感が覆っている」とし、「ショートで致命的な痛手を受けることをもはや誰も望んでいない」と指摘した。

Bearish options have edged up somewhat as volatility collapses
relates to 株の空売りが記録的低水準、ヘッジファンドは致命的打撃もうこりごり

出典: モルガン・スタンレー 、Markit

原題:
Stock Shorts Collapse as No Hedge Fund Wants ‘Head Ripped Off’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE