, コンテンツにスキップする

IBM株急伸、1-3月期は18年以来で最大の増収-クラウド好調

更新日時
  • 1-3月期の売上高は1%増の177億ドル-市場予想上回る
  • 5つの事業部門のうち3部門で増収、株価は一時4.9%高

IBMの株価が19日の米株式市場時間外取引で急伸した。同日発表した1-3月(第1四半期)決算では、クラウドサービス需要を追い風に過去11四半期で最大の増収となった。アービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)の経営立て直し策が実を結び始めていることを示唆した。

  株価は時間外取引で一時4.9%上昇。通常取引終値は前営業日比0.4%安の133.12ドルだった。

  発表資料によると、1-3月期売上高は1%増の177億ドル(約1兆9100億円)。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は173億ドルだった。

  5つの事業部門のうち3部門で増収を記録。そのうちクラウドおよびコグニティブ・ソフトウエア部門の売上高は前年同期比3.8%増加した。グローバル・ビジネス・サービス部門と、ハードウエアや基本ソフト(OS)を含むシステム部門も増収だった。

  4月で就任1年のクリシュナCEOは何年も低迷が続いた同社の成長を復活させるため、人工知能(AI)とクラウドに重点を置く計画を推進。顧客がプライベートサーバーと複数のパブリッククラウドにデータを保存できるハイブリッドクラウド戦略を中心に、創業109年のIBMの再編を進めている。1-3月期のクラウド収入の合計は21%増の65億ドルだった。

IBM posts first positive revenue growth since June 2018

  クリシュナEOは「ハイブリッドクラウド・プラットフォームを採用する顧客の増加」や、ソフトウエアとコンサルティングの伸びが今年の堅調なスタートを切る要因になったと説明した。

  一部費用を除いたベースの1株利益は1.77ドルと、アナリスト予想平均(1.65ドル)を上回った。粗利益率は47.3%で、市場予想平均は47.2%だった。IBMは通期も増収を見込む。

原題:IBM Shares Jump on Biggest Revenue Growth Since 2018 (1) (抜粋)

(時間外取引の株価とCEOの見解を追加します。更新前の記事はコグニティブ・ソフトウエア部門が最大部門であるとの記述を削除して訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE