, コンテンツにスキップする

ウクライナ国境地帯のロシア軍、史上最大の規模に-EUボレル氏

  • 国境地帯のロシア軍はいまや15万人規模、野戦病院も備えると指摘
  • EU、当面は対ロシア追加制裁を予定せず-ボレル上級代表

ウクライナとの国境地帯に展開するロシア軍は15万人に膨れ上がり、この地帯としてはかつてない規模の軍が集結していると、欧州委員会のボレル副委員長(外交安全保障上級代表)が指摘した。さらなる衝突が発生する可能性が高まっている。

  ボレル氏は19日、欧州連合(EU)加盟国外相とのバーチャル会議後に記者団に対し、「あらゆる物資や野戦病院を備え、あらゆる戦闘準備をしたロシア軍部隊の展開が続いている」と発言。「多くの部隊を展開すれば、衝突がそこかしこに飛び火する可能性がある」と述べた。

  ボレル氏はロシア軍の規模について、どこから数字を入手したか言及を控えた。同氏は国境地帯への軍集結や反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の健康状態悪化を理由に、EUがロシアに新たな制裁を科す用意はしていないと語った。

原題:
EU Says Russia’s Troop Buildup on Ukraine Border Is Largest Ever(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE