, コンテンツにスキップする

ペロトン株急落、米当局がランニングマシンのリスク警告-事故受け

  • 小さい子供やペットの近くで使用しないよう勧告-CPSC
  • 勧告は「誤解を招くもので、不正確」-ペロトン

19日の米株式市場で、ホームフィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブが一時9%近く下落。米消費者製品安全委員会(CPSC)が小さい子供やペットがいる家庭では、同社製の新型トレッドミル(ランニングマシン)「トレッド+」の使用をやめるよう勧告した。

  トレッド+に関連した事故が相次いで発生したことを受けたもので、CPSCはけがや死亡に至った事故について調査を続けていると17日に明らかにした。

  ペロトンはこれに対し、CPSCの勧告は「誤解を招くもので、不正確だ」とし、「憂慮している」とのコメントを発表。注意書きや取扱説明書に従う限り、トレッド+の使用をやめる理由はないと表明した。

  JPモルガン・チェースのアナリストダグ・アンマス氏はペロトン株の投資判断を「オーバーウエート」で維持し、CPSCの警告に関連した押し目での買いを勧めた。

原題:Peloton Slumps After U.S. Agency Warns on Treadmill Risks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE