, コンテンツにスキップする

中国フードデリバリーの美団、1兆円余り調達-新株・CB発行で

更新日時
  • 新たな分野でアリババなどとの競争に備える
  • 株主のテンセントからは4億米ドル調達-CB約30億米ドルも発行

中国でフードデリバリー事業を展開する美団は、新株と転換社債(CB)を発行し100億米ドル(約1兆800億円)を調達した。オンライン食品販売など新たな分野でアリババグループなどとの競争に備える。

  美団は「トップアッププレースメント方式」の増資で1億8700万株を1株当たり273.8香港ドル(約3810円)と、仮条件の上限近くで発行したほか、株主のテンセント・ホールディングス(騰訊)から4億米ドルを調達した。ブルームバーグ・ニュースが入手した条件記載資料で分かった。

  ブルームバーグの集計データによれば、70億米ドル規模の新株発行は香港上場企業によるこの種の増資としては過去最大規模。美団はまた、ゼロクーポンCBを約30億米ドル発行した。

  新株の発行価格は19日終値を5.3%下回る水準。CBは6年債14億8000万米ドルと7年債15億米ドルの2本立て。

Meituan stock has lost 36% since a Feb. peak

  

  カメット・キャピタル・パートナーズのケリー・ゴー最高投資責任者(CIO)は美団には「共同購入など新規分野で、多くの資本と競争に向けた軍資金が必要だ」と指摘した。

Meituan Delivery Drivers As Company Reports Earnings

美団のフードデリバリー(上海)

原題:Meituan Raises $10 Billion to Fight Alibaba in Grocery Arena(抜粋)

(資金調達の新たな状況を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE