, コンテンツにスキップする

中国、日米共同声明は内政干渉と反発-「強い不満と断固反対」表明

  • ルールに基づく国際秩序に合致しない中国の行動巡り懸念共有-声明
  • 国際関係に関する基本準則に深刻に違反している-中国外務省

中国外務省は17日、ワシントンで16日行われた日米首脳会談の共同声明について、内政干渉だとして中国の政策への懸念を退けた。

  日米首脳の共同声明には「ルールに基づく国際秩序に合致しない中国の行動について懸念を共有した」との文言が明記された。中国外務省はウェブサイトで、日米が示した立場は「国際関係に関する基本準則に深刻に違反している」と主張。「中国は強い不満と断固反対」を表明するとし、日米両国が「徒党を組んで集団対立をあおっている」と反発した。

  菅義偉首相はバイデン大統領との会談後の共同記者会見で、「台湾海峡の平和と安定の重要性については日米間で一致しており、今回改めてこのことを確認した」と表明。

  一方、バイデン大統領は「中国からの挑戦や、東シナ海や南シナ海などの問題、北朝鮮の問題に対処し、自由で開かれたインド太平洋の将来を確実にすることに自分と菅首相はコミットしている」と指摘した。

日米首脳、台湾海峡の平和と安定の重要性確認-共同声明にも明記

President Biden Meets Japanese Prime Minister Suga At White House

ホワイトハウス内を歩く菅義偉首相(左)とバイデン米大統領

  在ワシントンの中国大使館は中国外務省より先に、日米の共同声明に関して「断固反対」を表明。「二国間関係の通常の発展の範囲をはるかに超える」内容であり、アジア太平洋の平和と安定を損ねると批判していた。

原題:China Rebuffs Biden, Suga Following Sharp U.S.-Japanese CommentsBiden Meets Suga as China’s Influence Tops U.S.-Japan Agenda (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE