, コンテンツにスキップする

モルガンS、1-3月にアルケゴス関連で9億1100万ドルの損失

更新日時
  • アルケゴスを早期から支援、大きな関連損失は大手米銀で唯一
  • 株式トレーディングは17%増収も、1位の座を明け渡す

モルガン・スタンレーは、ファミリーオフィスのアルケゴス・キャピタル・マネジメント関連で総額9億1100万ドル(約990億円)の損失を計上したことを明らかにした。

  同社は16日発表した1-3月(第1四半期)の決算資料で、「当四半期の損益には単一のプライムブローカレッジ顧客の信用イベントに関連する6億4400万ドルの損失と、同じイベント関連で期末までに生じた2億6700万ドルのトレーディング損失が含まれる」と説明した。

  損失はアルケゴス関連だと、事情に詳しい関係者が述べた。

  1-3月の株式トレーディング収入は前年同期比17%増の28億8000万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の26億ドルを上回ったものの、ともに30億ドル超の収入を上げたJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループの後じんを拝し同業務で1位の座を明け渡した。

  大手米銀の中でアルケゴス関連の損失を大きく被ったのはモルガン・スタンレーのみ。同社は早い時期からアルケゴスを支援していた1社だった。

  1-3月の債券トレーディング収入は44%増の29億7000万ドルと、アナリスト予想の22億ドルを上回った。

  投資銀行業務の手数料収入は26億1000万ドル。予想は20億ドルだった。株式引受手数料は4倍に増えた。特別買収目的会社(SPAC)とテクノロジー企業の新規株式公開(IPO)ラッシュが寄与した。

  ウェルスマネジメント部門の収入は59億6000万ドルと、前四半期の56億8000万ドルから増えた。

原題:
Morgan Stanley Burned by $911 Million Hit on Archegos Blowup(抜粋)

(決算内容を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE