, コンテンツにスキップする

JPモルガン、「鯨」を追い掛けるクオンツ取引を富裕層に提供

JPモルガン・チェースはトレンド追随投資に対する個人投資家の需要に応じ、通常は機関投資家に限定している複雑な株式投資戦略を富裕層顧客にも提供し始めた。

  オプションディーラーや年金基金といった「鯨」と呼ばれる巨額投資の担い手が引き起こすS&P500種株価指数の取引パターンにJPモルガンは着目し、これに対応した仕組み債1500万ドル(約16億3000万円)相当を発行した。

  こうした投資家による取引やリバランス、ヘッジが全て、米株式市場にサイクルとモメンタムのトレンドを生じさせるという考えに基づいた商品だ。

  米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、この商品はJPモルガンのクロノス+指数に連動し、期間は最長5年。 現在までの発行高は多くないが、システマチックトレードが引き起こすトレンドに乗る新しい方法を富裕層に提供している。

JPM's Kronos+ index has outperformed the S&P 500 over the past year

JPモルガンのクロノス+指数とS&P500種の対比

  S&P500種が毎月の初めと終わりにアウトパフォームし、その勢いを月次オプションの期限に向けて維持する傾向をクロノス+指数は捉えている。過去のデータを用いたバックテストによれば、クロノス+は54%下落した2008年を最後に、マイナスになった年はない。JPモルガンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:
JPMorgan Sells an Exotic Quant Trade Chasing Stock-Market Whales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE