, コンテンツにスキップする

日産が日本国内で5月に減産へ、半導体不足で-報道

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

日産自動車は半導体不足のため、日本国内の複数の工場で5月に生産を縮小する。ロイター通信が事情に詳しい関係者3人の話を基に報じた。

  それによると、日産は九州の工場を5月10-19日に稼働停止にする。同工場ではミニバン「セレナ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)の「エクストレイル」などを生産しており、半導体の供給が戻った段階で減産分の埋め合わせをしたい意向だ。

  日産では元々4月30日から5月9日まで長期休暇だという。

  追浜工場と日産車体九州の工場では、5月10-28日に夜勤シフトを取りやめる。

  栃木の工場でも来月の一定期間、稼働が停止される。

関連記事
半導体危機に見舞われる自動車メーカー、北米で一段の生産削減

ロイターの記事はここをクリック

原題:
Nissan to Cut Prod in Japan in May Due to Chip Shortage: Reuters(抜粋)

(第3段落に連休の日程を追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE